お身体のご相談

  • メールでご予約・ご変更・キャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。
  • お急ぎの方はお電話でのお問合せをお勧め致します。
  • 患者様に送信していただく個人情報は、RAKUNEが責任を持って管理し、RAKUNEの施術に関わる目的以外での使用は一切致しません。
  • プライバシーポリシーはこちらをご覧ください。
お電話でご相談

RAKUNE本院(中島公園)
 011-520-6111
10:00〜21:00 (日曜定休)  総合受付

RAKUNEイオン平岡
 011-888-7773
10:00〜21:00 (年中無休)

RAKUNEイオン元町
 011-704-5010
10:00〜21:00 (年中無休)

RAKUNEイオン藻岩
 011-578-5222
10:00〜21:00 (年中無休)

RAKUNEイオン岩見沢
 0126-20-2040
10:00〜21:00 (年中無休)

RAKUNEイオン石狩
 0133-72-1818
10:00〜21:00 (年中無休)

RAKUNEイオン発寒
 011-668-1818
10:00〜21:00 (年中無休)

RAKUNEマルヤマクラス
 011-688-6206
10:00〜21:00 (年中無休)

LINEでご相談

様々なお身体の状態に合わせて、ぴったりな施術ができるカイロプラクティック。

 

肩こり・腰痛などの、慢性的につらい症状。共に現代病とも称され、多くの方の日常生活・健康レベルが低下しています。
その原因は多岐にわたりますが、大きな原因として『現代の生活習慣』と『超高齢化社会』が挙げられます。
例えば、パソコンやスマートフォンの普及によりつくられる不良姿勢。本来、人間の骨格には重力の中でも負担が軽減されるように様々な仕掛けが備わっています。これが不良姿勢によりカラダが歪んでしまうと、負担は軽減されるどころか増してしまい、その結果としてカラダは悲鳴を上げてしまいます。
また、身体は年齢と共に変化します。その代表的なものは『筋力の低下』すなわち身体の支持力が弱くなり、それにより身体が歪み、様々な不快症状をもたらします。
これらの症状は本当に千差万別…原因を特定し、的確なケアをすることが慢性化を解消させる唯一の方法になります。

RAKUNEでは、十分なカウンセリングと施術前の検査により、状態に応じたプランを提供しています。
※特に初回は[ コース時間 + 20分 ]の余裕を持ってお越しください。

整形外科で扱っている症状は、具体的に次のようなものがあります。
椎間板ヘルニア・変形性股関節症・変形性膝関節症・脊柱管狭窄症・五十肩・坐骨神経痛・頚椎症・ぎっくり腰・寝違え・梨状筋症候群・胸郭出口症候群・・・
これらの症状に対し整形外科の治療法としては、「手術」または「投薬」が基本となります。すなわち手術以外の保存療法の選択肢としては、『薬』が中心ということです。
ラクネでは、薬を使わない通院のみの施術を行っています。初回は詳しいカウンセリングと整形学検査などを行い、その上でお身体の状態をしっかり説明し、納得のいく最良の方法で施術(手技)を進めていきます。まとまった時間が取れなくて通院を希望する方や、手術を回避したい方にはオススメです。
つらい原因にダイレクトにアプローチし、痛みをコントロールすることで、より良い日常を取り戻してください。
痛みだけでなく、だるさや何気ない身体の悩みを放っていると、年齢と共に進む運動器(骨・筋肉・関節など)の機能低下が加速してしまいます。
健康寿命を延ばせるように、カラダケアの習慣で予防をオススメいたします。

RAKUNEでは、十分なカウンセリングと施術前の検査により、状態に応じたプランを提供しています。
※特に初回は[ コース時間 + 20分 ]の余裕を持ってお越しください。

カイロプラクティックは、背骨や骨盤といった骨格の調整を得意としています。
むくみ・O脚・冷え性・ダイエット・産前産後の歪み・ストレス・姿勢矯正・骨盤矯正など普段の生活の中で、靴底の減り方やパンツ丈の差、スカートが回る、ショルダーバッグが落ちる、脚の組み癖があるなど、1つでも思い当たる方は要注意。カラダの歪みは『痛みや疲労』だけでなく、自律神経系を介して心身に様々な影響をもたらします。
身体のバランスをリセットして、美と健康を守ってください。

RAKUNEでは、十分なカウンセリングと施術前の検査により、状態に応じたプランを提供しています。
※特に初回は[ コース時間 + 20分 ]の余裕を持ってお越しください。

身体にかかる負荷は、スポーツ(競技)ごとに特徴があります。
同じスポーツを長期間している方や、間違ったフォームで行っている方などは要注意。
代表的な疾患として、腰椎分離症やすべり症、上腕骨外側(内側)上顆炎(いわゆるテニス肘やゴルフ肘)、オスグットやランナーズニーなどの膝疾患、腱板炎、腱鞘炎など原因のほとんどがオーバーユース(使い過ぎ)ですが、骨格のアンバランスや関節の可動域が狭まっていることも障害が起こる要因となります。
骨格のバランスを調整し、可動範囲を広げることで痛みのコントロールはもちろん、怪我や手術で低下してしまったパフォーマンスの向上にもつながります。

RAKUNEでは、十分なカウンセリングと施術前の検査により、状態に応じたプランを提供しています。
※特に初回は[ コース時間 + 20分 ]の余裕を持ってお越しください。

LINEで送る
Pocket