Self-whitening flow

RAKUNEのセルフホワイトニングは、「あなた本来の歯の白さに近づけていく」ため、大切な歯にとても優しいホワイトニングです。 そして、とってもカンタン!
RAKUNEのセルフホワイトニングは
「あなた本来の歯の白さに近づけていく」ため
大切な歯にとても優しいホワイトニングです
そして、とってもカンタン!

Flow of treatment

詳しいセルフホワイトニングの流れ
紙エプロン装着

ザラザラした面がおもてになるようにして下さい。

歯のトーンを確認

歯のシェードガイドを見ながら、あなたが一番気になる歯をターゲットにとして定めます。照明がある方向に顔を向け、歯の色が確認できる程度に光を当てながらその歯の色のトーンを確認しておきます。

ハミガキをする

パレットの小さい丸に乗っている専用ハミガキ粉「美歯口」(約1cm)を使用してハミガキをします。光が当たる表面の部分の汚れをやさしく取る気持ちで、1分間ブラッシングしましょう。この後さらに2回ハミガキしますので、歯ブラシはパレットに乗せておきます。

お口の保湿

大きくお口を開くことにより切れてしまう方もいらっしゃいます。気になる方は保湿クリームを塗りましょう。(リップクリームでも可)

用意する

この後しばらく体勢を固定します。ホワイト溶液・手鏡・アイガード・ペーパー等は手の届く場所にセッティングしましょう。

*マウスオープナー装着

ここからは常に斜め上を向いて作業します。顔を正面に向けるだけでも唾液が垂れてしまうので注意しましょう。背もたれに深く寄りかかると楽に作業できます。まずはマウスオープナーを両手で持って、内側にしっかりしならせてやわらかくします。大きく飛び出ている方をお口側にし、片方ずつお口に沿ってはめていきます。外す時にペーパーを使うので、すぐに取れる場所に用意しておきましょう。

*歯の表面の水分拭き取り

ペーパーで歯の表面の水分をしっかり拭き取ります。歯が乾いた状態ですと溶液がしっかりキレイに浸透しますので、とても大切な作業になります。

*ホワイトニング溶液を塗布

まずはしっかりとボトルを振ってかくはんすると、仕上がりに差が出ます。斜め上を向いたまま、口から4センチ離してボトルを持ち、歯の表面に3回ほどプッシュします。①サイド→②サイド→③真ん中の順にプッシュすると、多くの方が気にしている前歯周辺も、ムラにならずにキレイに塗布できます。最後までしっかり力を入れてボトルをプッシュすると、溶液をうすくキレイに広範囲へ塗ることができます。この時溶液を多く塗ってしまうと、光を通さなくなりダマになってしまいます。うすくキレイに塗ることがもっともオススメです。万が一飲み込んでしまっても、身体に吸収されない食用の酸化チタン原料を使用しているのでご安心して行ってください。

*アイガード装着

斜め上を向いたまま、LEDライトから目を保護するアイガードを必ず装着します。

*LEDライト照射

斜め上を向いたまま、LEDライトを歯に直角になるようにセットします。口につかない程度に近距離にセットし、手鏡を見ながら角度の微調整をします。一番右にあるスタートボタンを押すと8分間の照射が始まります。熱く感じる時は少し距離を離します。

*アイガードとマウスオープナーを外す

斜め上を向いたまま、口にペーパーを当てて唾液等が垂れないようにゆっくり外します。正面や下を向いて作業すると、溜まった唾液が垂れてしまいます!万が一飲み込んでしまっても、身体に吸収されない食用の酸化チタン原料を使用しているのでご安心して行ってください。

*もう一度ハミガキ

今度は何も付けずにハミガキをします。表面を30秒間優しくブラッシングしましょう。このブラッシングを挟むことにより、白さに差が出ます。まずは今まで溜まっていた表面の汚れを分解 ( クリーニング ) しましたので、この時点で白さを実感できる方もいます。使用後歯ブラシはパレットに乗せておきます。

[2セット目]*印をもう一度

唾液等が垂れない様に斜め上を向いて作業しましょう。手元に必要な道具を用意しましょう。歯の水分をしっかり拭くことを忘れずに!2回の照射に分けて行うことより、しっかり汚れを浮き出してホワイトニング作用を高めます。

トリートメント

美歯口マウストリートメントをつけて、表面に塗るように優しく2〜3回ブラッシングします。この後口はゆすがなくて大丈夫ですが、気になる方は軽くゆすいでください。歯ブラシ・パレット・マウスオープナー・紙エプロンは使い終わりましたので廃棄します。歯のコーティング作用があるので、歯の表面を舌で触るとツルツルとした触感になっていることが実感できます。

歯の色味を再確認

歯のシェードガイドを見ながら、あなたが一番気になるターゲットにした歯が何番までトーンアップしたのか確認しましょう。RAKUNEのセルフホワイトニングが目指すのは、日本人の本来の歯の白さの平均であるS2〜S10 ( 左から5つ ) です。6トーンUPで「マイナス5歳」とも言われています!まずは5回 ( 8分×2セットを1回とします ) を最初に行い、そのあとは2〜3週間に1回のケアをオススメしています。

Reservation

営業時間 10:00〜21:00▶︎
定休日 日曜▶︎
ブースは2席ございます▶︎

今スグ予約

RAKUNE本院
(中島公園駅徒歩3分)

今スグ予約

RAKUNEイオン発寒
(イオンモール札幌発寒内)

◀︎営業時間 10:00〜21:00
◀︎定休日 なし
◀︎ブースは1席ございます
よくある質問

Frequently Asked Questions

歯科で行うホワイトニング ( 漂白 ) と違い、歯の汚れを浮き出してコーティングするので、1回目の施術後の白さの実感には個人差があります。白くなりやすい方も居れば、何度か段階を重ねることにより白さを実感される方もいらっしゃいます。RAKUNEでは5回をまず行って頂き、その後は個人の歯の状態に合わせて2〜3週間に1回のペースで行って頂きます。

1回の施術時間は8分×2セットです。白さの実感には個人差があり、劇的に白くなりやすい方・汚れが何層にも長年にわたって吸着し複数回施術が必要な方などがいらっしゃいます。自分の歯の本来の白さに戻すことを前提としたホワイトニングなので、繰り返し行うことで結果が出やすくなる場合もあります。

歯のコーティング作用が1週間ほど持続しますので、最初は1週間に1回程度のペースて通院し、RAKUNEが推奨する5回 ( 8分×2セットを1回とする ) を行った後は2〜3週間に1回のケアをオススメしています。お急ぎの方は1日にまとめて2回行う ( 5日間連続も出来ます ) など、RAKUNE推奨回数5回を短期で行うことも可能です。

ご家庭で研磨剤が多く入った歯磨き粉を使うことにより、せっかく施したコーティングが剥がされてしまいます。やさしい研磨性の「美歯口」ハミガキ粉+コーティング作用のある「美歯口」トリートメントでホームケアをされると、より一層白さを保つことができます。「美歯口」は、ヒドロキシアパタイト等の歯の再石灰化に必要な成分を配合しており、歯の表面の細かい傷の修復効果も期待できます。細かい傷を修復することにより、その傷への汚れの付着を防いで、歯の黄ばみを防いでくれます。さらに歯の美容液トリートメントで、歯に栄養を与えてくれます。

RAKUNEのセルフホワイトニングは、汚れを浮き出させて歯にコーティングを施します。その作用により、着色しやすい「コーヒー・ワイン・カレー・タバコ」などの特別な食事制限はございません。食事制限のストレスから解放されます。

光触媒は人工の歯の汚れも落ちますので安心してご利用いただけます。ただし人工歯もつけていただいた時の色に近付くのみで、それ以上白くなることはございません。ご自分の歯と色の差が出てしまう恐れがありますので、予めご了承ください。

8分×2回に分けている理由としましては、間にハミガキの行程を挟んでいただくことで、1回目でそれまでの色素沈着をリセットし、さらに2回目の照射で作用をより促進させる目的があります。また、長時間続けて開口状態でいることによるご負担を与えてしまわないために2回に分けています。

食品で認められていて、市販のホワイトチョコレートやヨーグルトにも含まれる成分「酸化チタン」を使用しているため、安全性も高く飲み込んでしまっても害はありません。

ホワイトニング溶液を多く噴射してしまうと、光を遮り十分な光が行き渡らず、ダマになってしまい仕上がりに差が出てしまいます。ホワイトニング溶液は1プッシュでも十分な量が出ますので、目安としては口から4cm離して全体に3プッシュして、うすく均等に塗布することを心がけましょう。それ以前に、歯の水分をしっかりと拭き取ってから溶液をしっかり付着させることが重要です。

紫外線を含まない安全な青色LEDですが、裸眼で数秒以上の凝視をしてしまうと目の奥にある網膜まで到達し、網膜障害を引き起こす恐れがあります。ホワイトニングを行う際は、必ず備え付けのアイガードを装着しましょう。

光の届かない部分には光触媒作用は期待できませんが、繰り返しおこなっていただいたことにより奥歯も白くなってきたという方もいらっしゃるそうです。笑った時に見える「スマイルライン」を主に白くしていくのが目的のホワイトニングです。
当院のホワイトニングにより虫歯や視覚過敏が悪化することはございません。光触媒作用の抗菌・殺菌機能により、虫歯・歯周病菌の抑制につながります。溶液が歯にしみたりすることもございません。
冷たいものに敏感な方でも、RAKUNEのセルフホワイトニングは使用することができます。これを行うことによって、その症状が悪化することなどはほとんどなく、汚れを浮き出してコーティングしてくれるのでむしろオススメと言えます。このセルフホワイトニングでは、エナメル質を溶かしたりする作用のある溶液の使用はございませんのでご安心ください。
歯科医院で行われているホワイトニングには「過酸化系の強い薬剤」が使用されますので、担当歯科医院の戦士にご確認・相談いただくことをお勧めいたします。当院のホワイトニングは食用成分「酸化チタン」と「青色LEDライト」による光触媒作用を利用したセルフホワイトニングです。最近歯科のホワイトニングをサボりがちと言う方にも、気軽に行えるという点でオススメしています。
年齢制限は特にございませんが、お子様は歯の着色がそれほど多くない傾向にあります。また、マウスオープナーがお子様用ではないために、お口にはまらないことが多くなります。
 
 
アメリカでは歯のケアは常識?
日本では虫歯などで歯科への通院は多くありますが、ホワイトニングケアはまだ日常的ではないイメージがどうしてもあります。アメリカでは挨拶など文化的な側面からも、歯並びや歯の白さを保つことがとても重要です。歯の形状が就職にまで影響する事もあるそうです。皆様にご質問させていただくと、ほとんどの方が初体験だとおっしゃいます。「以前から興味があったけれど」と、皆様口を揃えておっしゃいますが、実行にはなかなか移せなかったそうです。その原因として1番多かったのは、やはり金銭面です。リスクが大きい事はなかなか手が出ませんし、周りに体験者がいなかったという心配もあります。RAKUNEのセルフホワイトニングでは、その問題を解決できます。金額的にはマッサージ1回分相当で大変お手頃です。歯にしみたり・たくさんの時間が掛かったりもしません。さらに、重ねて行ううちにどんどんあなた本来の歯の白さに近づいていきます。殺菌作用もあるので、口内が清潔に保たれます。ホワイトニングケアを常に意識し、自分の笑顔に自信が持てるという事は素敵な事です。

Comparison of whiteness

歯の白さの比較
お手入れしてても黄ばんだ歯

家庭用の歯磨き粉・歯ブラシ・マウスウォッシュなどでは落としきれない『頑固な黄ばみ』が蓄積している状態。家庭製品では強力な成分を使用できないため、今の状態の歯を白くするのは難しい?!

自分本来の本当の白さの歯

RAKUNEのセルフホワイトニングが目指すのはこの白さです。歯に蓄積した黄ばみを浮き出させて除去し、あなたの歯の『本来の自然な白さ』へと近づけていきます。コーヒー・赤ワイン・カレーなどの着色要因になるものでも飲食できます。

不自然なくらい真っ白な歯

歯科などで受けられるホワイトニングは、本来の歯の白さ以上に真っ白になるので、少し違和感を感じる方も。過酸化水素や過酸化尿素が入った薬液を使用するので、知覚過敏の方はシミる恐れあり。コーヒー・赤ワイン・カレーなどの着色要因になるものは摂取禁止!

How it turns white

歯が白くなる仕組み
汚れが付着した歯

歯の表面にはそれまでの食生活や着色要因にさらされることよって汚れが付着し蓄積しています。

光触媒作用で美白

酸化チタンが含まれる溶液に青色LEDを当てることにより、光触媒が発生し、表面の汚れを浮き上がらせます。

コーティング

その後歯ブラシを行うことにより、浮き上がった汚れを洗浄・除去し、酸化チタンでコーティングがなされ、汚れが付着しにくい状態が続きます。

ツルツルの歯に

あなた本来の白さになった歯は、溶液によりコーティングが持続され、ツルツルの歯に!さらに、食事制限もありません。

About payment

お支払いには各種対応
クレジットカード

現金

電子マネー
RAKUNEギフト券

LINEで送る
Pocket