市販薬との上手い付き合い方

rakune/ 11月 30, 2017/ blog/ 0 comments

あなたを襲う、急な痛み

ふいに立ち上がろうとしたら腰が痛くなった...朝から頭痛がする...身体の節々が痛い...寒い外から帰ってきたら肩が張っている...あなたもいろいろな痛みで悩まされることがあると思います。そんな時は、まず何をしたら良いのでしょう?

とりあえず薬を飲むと危険?

痛みが気になって日常生活が送れないと、「とりあえず薬飲んでおこう」「悪化する前に飲まなきゃ」と言って痛み止めなどの薬を常飲していませんか?実はここに危険な落とし穴が潜んでいます!では、なぜこの行為が危険なのでしょうか?
確かに、市販薬などに含まれる痛みを取り除いてくれる成分は、飲用してからスグに楽になることがあります。ですが、この作用は「痛みを感じる」部分を取り除いたり緩和してくれただけで、「痛みの原因」はそのままの状態です。

「痛みの原因」は取り除けない?

「痛みの原因」とは、あなたの身体に起こっている「炎症」や「神経の損傷」などで、症状は様々ですが悪さをする原因が必ず身体のどこかにあります。痛みの感覚を忘れた(薬によって)状態のまま原因箇所を解消することなく服用し、身体もいつも通りに生活を続けているとしたら、どうなるでしょう?想像がつきますか?「痛みの原因」は解消されることなく、そして知らぬ間に悪化の方向へと進んでいってしまうことになります。これでは「痛くなくなった」とは言えず、「また痛くなるかもしれないけど、とりあえず今は大丈夫かな」ということになってしまいます。

上手に利用することが大切

「痛みの原因」が残ってしまうとおっしゃいましたが、タイミングや用法・容量をきちんと守って、上手に薬を利用していくことも必要です。

 

 

 

 

  • 痛みが気になってどうしても仕事がはかどらない
  • 急に痛みが出たがすぐに施術してもらえる環境にない
  • 痛みが気になって眠れない
  • 痛みとは別に熱も出た
  • とりあえず予定をこなしたい

日常生活の中での痛みは予測不可能で、突然襲ってくることもしばしば。痛みを解決したい方向では考えているけれど、いますぐはどうしても施術を受けられない時もあると思います。絶対だめなものではなく、困った時の選択肢として上手く利用できるのが理想的です。現在は第2医薬品がインターネットでお手軽に購入できますので、身近になっているのも事実です。
※主な市販鎮痛薬のサンプル画像 クリックで拡大

         

原因を突き止める方法は?

普段の生活を送っていたのにもかかわらず、急な痛みに襲われることは誰にでも起こりうることです。急に身体が痛い・ジンジンする・ズキズキする・つっぱる・ピーンと張っているなど、その症状には様々なものがあるでしょう。怪我や事故の後遺症・内臓疾患などを除けば、その痛みの原因は痛い部分が原因によるものではないかもしれません。身体は筋肉から腱で骨をつなぎ、運動をしています。そのつながりの関係性をたどると、痛みの原因が見つかります。RAKUNEのカイロプラクティックは、開始前には必ず「姿勢分析」「整形学検査」「神経学検査」などの検査をします。詳しくは施術の流れへ

まずは電話してみましょう

「痛みの原因」の解決には、まずは症状を詳しく教えていただくことが必須です。どこで何をしてどうなったかが解れば、その内容に沿ってお身体の検査をします。生活環境を整えるアドバイスやあなただけの施術プランを導き出して、健康なお身体の維持を目指します。通院期間も様々で、多くの方は最初の1週間は2-3回通院して頂き、その後は状況に合わせて週に1回くらいを目安に通院して頂いております。

比較RAKUNE病院
1回の料金平均3,000平均500
通院可能回数制限無し医師による
通院期間軽度だと3〜5回(症状による)通年(症状による)
副作用薬を使用しないので無し薬により有り
ヘルニア手術回避を目指す勧められる
割引制度どなたにでも利用可能証明書が必要
ポイント制度RAKUNEポイント付与無し

あなたにぴったりの施術プラン

人それぞれ生活環境が違うように、お身体の状態も年齢や性別・クセなど様々な要因が影響して異なっています。まずはその情報を元に、そしてそこにお身体の症状の改善方法をプラスして、あなただけのオーダーメイドの施術を導き出します。これから長いお付き合いになるかもしれません。RAKUNEでは重度のつらい痛みの改善ももちろんですが、お気軽なもみほぐしも行います。とても気軽に利用できますので、カイロプラクティックコースとうまく併用して心身ともにリフレッシュしていただくことが、自然治癒力を高め・疲れをためない身体づくりへの第1歩だと心得ております。

あなたを襲う、急な痛み

ふいに立ち上がろうとしたら腰が痛くなった...朝から頭痛がする...身体の節々が痛い...寒い外から帰ってきたら肩が張っている...あなたもいろいろな痛みで悩まされることがあると思います。そんな時は、まず何をしたら良いのでしょう?

とりあえず薬を飲むと危険?

痛みが気になって日常生活が送れないと、「とりあえず薬飲んでおこう」「悪化する前に飲まなきゃ」と言って痛み止めなどの薬を常飲していませんか?実はここに危険な落とし穴が潜んでいます!では、なぜこの行為が危険なのでしょうか?
確かに、市販薬などに含まれる痛みを取り除いてくれる成分は、飲用してからスグに楽になることがあります。ですが、この作用は「痛みを感じる」部分を取り除いたり緩和してくれただけで、「痛みの原因」はそのままの状態です。

「痛みの原因」は取り除けない?

「痛みの原因」とは、あなたの身体に起こっている「炎症」や「神経の損傷」などで、症状は様々ですが悪さをする原因が必ず身体のどこかにあります。痛みの感覚を忘れた(薬によって)状態のまま原因箇所を解消することなく服用し、身体もいつも通りに生活を続けているとしたら、どうなるでしょう?想像がつきますか?「痛みの原因」は解消されることなく、そして知らぬ間に悪化の方向へと進んでいってしまうことになります。これでは「痛くなくなった」とは言えず、「また痛くなるかもしれないけど、とりあえず今は大丈夫かな」ということになってしまいます。

上手に利用することが大切

「痛みの原因」が残ってしまうとおっしゃいましたが、タイミングや用法・容量をきちんと守って、上手に薬を利用していくことも必要です。

  • 痛みが気になってどうしても仕事がはかどらない
  • 急に痛みが出たがすぐに施術してもらえる環境にない
  • 痛みが気になって眠れない
  • 痛みとは別に熱も出た
  • とりあえず予定をこなしたい

日常生活の中での痛みは予測不可能で、突然襲ってくることもしばしば。痛みを解決したい方向では考えているけれど、いますぐはどうしても施術を受けられない時もあると思います。絶対だめなものではなく、困った時の選択肢として上手く利用できるのが理想的です。現在は第2医薬品がインターネットでお手軽に購入できますので、身近になっているのも事実です。
※主な市販鎮痛薬のサンプル画像 クリックで拡大

原因を突き止める方法は?

普段の生活を送っていたのにもかかわらず、急な痛みに襲われることは誰にでも起こりうることです。急に身体が痛い・ジンジンする・ズキズキする・つっぱる・ピーンと張っているなど、その症状には様々なものがあるでしょう。怪我や事故の後遺症・内臓疾患などを除けば、その痛みの原因は痛い部分が原因によるものではないかもしれません。身体は筋肉から腱で骨をつなぎ、運動をしています。そのつながりの関係性をたどると、痛みの原因が見つかります。RAKUNEのカイロプラクティックは、開始前には必ず「姿勢分析」「整形学検査」「神経学検査」などの検査をします。詳しくは施術の流れへ

まずは電話してみましょう

「痛みの原因」の解決には、まずは症状を詳しく教えていただくことが必須です。どこで何をしてどうなったかが解れば、その内容に沿ってお身体の検査をします。生活環境を整えるアドバイスやあなただけの施術プランを導き出して、健康なお身体の維持を目指します。通院期間も様々で、多くの方は最初の1週間は2-3回通院して頂き、その後は状況に合わせて週に1回くらいを目安に通院して頂いております。

比較RAKUNE病院
1回の料金平均3,000平均500
通院可能回数制限無し医師による
通院期間軽度だと3〜5回(症状による)通年(症状による)
副作用薬を使用しないので無し薬により有り
ヘルニア手術回避を目指す勧められる
割引制度どなたにでも利用可能証明書が必要
ポイント制度RAKUNEポイント付与無し

あなたにぴったりの施術プラン

人それぞれ生活環境が違うように、お身体の状態も年齢や性別・クセなど様々な要因が影響して異なっています。まずはその情報を元に、そしてそこにお身体の症状の改善方法をプラスして、あなただけのオーダーメイドの施術を導き出します。これから長いお付き合いになるかもしれません。RAKUNEでは重度のつらい痛みの改善ももちろんですが、お気軽なもみほぐしも行います。とても気軽に利用できますので、カイロプラクティックコースとうまく併用して心身ともにリフレッシュしていただくことが、自然治癒力を高め・疲れをためない身体づくりへの第1歩だと心得ております。

More from my site

LINEで送る
Pocket

コメントを残す